ツッコミを入れるもう一人の自分

レポート書くときの重要なスタンスは、決してひとりよがりにならないことです。

具体的にいうと、
レポートに対してツッコミを入れるもう一人の自分を存在させておく
のです。

「もう一人の自分」というとマンガの世界のようですが(笑)
自分の書いたレポートを客観的に見ることが必要、ということです。

たとえば、この構成で本当に大丈夫かな、とか、首尾一貫しているかな、など
冷静に見る目が大事ということです。

どんなに気持ちよく書いた文章であっても、
実際はたんなる自己満足な文章になっている危険性が常にあります。

むしろ、スラスラ書けているときに限って注意が散漫になりますよね。

おもしろいように筆が進む・・・
そんなときこそ、調子に乗って変なことを書いていないか気をつける必要があります。

また自分のレポートを客観視できる注意深い自分がいると
うっかりミスや誤字脱字に気をつけることができ丁寧なレポートになります。

清書 or 見直しをきちんとしよう

もちろん書いているときに常にツッコミを入れていては何も書けなくなってしまいますので(汗)
常に客観的な自分を存在させる必要はありません。

下書きが終わり清書するとき意識するとか
終わった後に1日おいて見直すなどするだけで、多くの気づきがあるはずです。

(見直しは1日後くらいがおすすめです。
書いた当日はまだ余韻(よいん)が残っていますし、日にちを空けすぎると忘れてしまうからです)

丁寧なレポートを作ることを心がけましょう。



Twitterはじめました。1日1%能力アップで1.01×1.01×・・・で、1年後37倍の能力アップを目指します。ぜひフォローを。

Facebookでも同じことをつぶやいています→

Copyright (C) 2007- 大学レポート・論文の書き方 all rights reserved.