感想文を書くレポートの書き方

講義中に扱ったテキストや映像についてまとめ、自分の意見を述べるレポートについての書き方です。
いわゆる感想を求められるレポートです。

感想を求められるときは、教授の感想を聞くべし

今回は、講義中に扱ったテキストや映像についてまとめ、
自分の意見を述べるレポートについての書き方です。いわゆる感想を求めるレポートがこれです。

この手のレポートを作るときに大切なことは、
講義中に扱われる映像やテキストの内容を聞き逃さないようにすること

・・・ではありません

内容の説明に入る前の教授のイントロダクション
内容の説明が終わった後の教授の感想を聞き逃さないようにするのです。

感想を求めるレポートは本来、自由に書くものですが、

実際のところは、あまりに的外れなレポートを書くと、
評価が低くなったり、最悪の場合は単位を落としたりすることにもなりかねません。

教授のイントロと結論をもとにレポートを作成することで、
教授はよく内容を理解しているなと感じます。
その結果として高い評価をもらいやすくなりますし、
自分だけでは見逃していたポイントに気づかされることもあるでしょう。



Twitterはじめました。1日1%能力アップで1.01×1.01×・・・で、1年後37倍の能力アップを目指します。ぜひフォローを。

Facebookでも同じことをつぶやいています→

Copyright (C) 2007- 大学レポート・論文の書き方 all rights reserved.