質問 二人称、三人称のレポート

レポートの書き方について、よくある質問と答えをまとめたQ&A集その2です。

僕が通っている某中学校では、レポートがたくさん出ます。

今回は、春休みの宿題として国語のポートフォリオを作ることになったんですが、
「私にとっての国語とは」というレポートを”二人称”または”三人称”でまとめなくてはなりません。

僕は一人称しか書いたことが無かった(はず)なのでよくわからないのですが、
インタビュー形式でまとめてみようと思っています。

そこで質問なんですが、書き始め、書き終わりはどうすればいいのでしょうか?

中学生でレポートがたくさん出るのは大変ですね。
多忙のため、お返事が遅くなりましたことご容赦ください。

ご質問の件ですが、「人称」について勉強するのがまず第一歩かなと思います。

「人称」の違いとは、一言で言えば「主語」の違いです。


1人称の文章とは「私」が主語の文章です。たとえば

・私は中学生だ。
・僕は甲子園を目指している。
・我輩は猫である。名前はまだない。


2人称の文章とは「相手」が主語の文章です。演説などでよく使われます。たとえば

・あなたはもっと自然環境に気を配るべきだ。
・あなたたちは何もわかっていない。
・同胞である世界市民の皆さん、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、
 人類の自由のために共に何ができるかを考えようではありませんか。


3人称の文章とは「第三者」が主語の文章です。たとえば

・彼はチーズカレーが好きだ。
・日本人には島国という閉鎖的環境で育ったことによる独特の感性がある。
・メロスは激怒した。


少しイメージがわきましたでしょうか?
もちろんインタビュー形式でもよいと思います。


インタビュー形式の場合に、書き始め、書き終わりはどうすればよいのか、という質問ですが

インタビューということは、特定の何人かに話を聞いたということでしょうから
それらの人の紹介と、どんな話を聞いたのかを最初にカンタンに書くのがよいと思います。

(例)
本日は「自分にとっての国語とは何か」というテーマについて3人の人に意見を伺った。
A先生は、国語の教諭を10年間勤めたベテランである。
Bさんは、私の近所で魚屋を営んでいる。
最後に私の母は、専業主婦である。


最後には、出てきた意見をもとに何かしらのまとめをする必要があるでしょう。

(例)
以上のインタビューから分かったこととして・・・


とりあえず以上です。では健闘を念じます。

このページの先頭へ


Twitterはじめました。1日1%能力アップで1.01×1.01×・・・で、1年後37倍の能力アップを目指します。ぜひフォローを。

Facebookでも同じことをつぶやいています→

Copyright (C) 2007- 大学レポート・論文の書き方 all rights reserved.